オーケストラ |指揮者 | ソリスト | 作曲家 
 
     丸山和範  
  作曲家・編曲家・ピアニスト。国立音楽大学准教授、東京芸術大学講師、NHK邦楽技能者育成会講師。作曲家として、コンテンポラリーな作品を追究する傍ら、テレビ・ラジオ・映像の番組制作・CD録音、ミュージカル、舞台等の為の作曲・編曲、音楽監督などを行っている。NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」全シリーズの音楽を手掛けた他、NHKスペシャルやNHKおはよう日本(1993年〜現行)をはじめとするドキュメンタリーやニュース番組、その他民放を含めたドラマやアニメに至るまで、数多くの音楽を担当。2009年公開日米合作ハリウッド映画「はりまや橋」の音楽を担当し、映画の世界にも進出。NHK BS2「シネマ・パラダイス」では毎週映画音楽をピアノトリオの為に編曲したものが180曲以上4年間に渡り放映。」ミラノ・スカラ座オーケストラ2010年日本公演のための作曲を行う。ピアニストとしても多彩な才能を持ち、現代曲からジャズ、シャンソン、クラッシック、歌謡曲とジャンルを問わず活動している。
日本ニューフィルハーモニック30周年記念の祝典序曲「輝く地球」を作曲

丸山和範ウィキペディア情報
    
     吉岡弘行  
  岡山大学教育学部付属小中学校、岡山芳泉高等校、東京藝術大学作曲科卒業。同大学院修了。作曲を河田文忠、北村昭、小林秀雄、佐藤真、指揮法を坂本和彦、ヘルムート=リリンク、ヴァイオリンを藤田哲也、伊崎郁子、澤和樹、ピアノを野村真理の各氏に師事。第10回笹川賞及び第52回日本音楽コンクール作曲部第2位(1位なし)受賞。現在は作曲家、アレンジャー、指揮者として広く活躍中。オペラ「ひかりのゆりかご」、ミュージカル「うちの猫がいなくなった!」、管弦楽のための「レ・プレリュード」、序曲「瀬戸内の風」仏教カンタータ「女人賛歌」、「わらべの祈り」、「花の韻」、「十三仏尊」、管弦樂四重奏曲第一番、第二番、混声合唱組曲「星座の海」、河合出版より合唱組曲「十ぴきのねずみ」、「春一メリーケの主題による追想詩」、「風の詩集」、「虫の絵本」、「キュイジーヌ」、音楽の友社より管弦楽と合唱のための組曲「あしたの灯」、児童合唱組曲「雲雀の歌」、コーラススコアクラブより「わたしのうた」、管弦楽と合唱、独唱のための「ふるさと春夏秋冬」等を出版。
日本ニューフィルハーモニック管弦楽団30周年記念コンサートでは、交響合唱組曲「ふるさと春夏秋冬」として大編成版を編曲し感動を呼んだ。
 
   
 
ホームプロフィールコンサート情報映像CD情報お問い合せ |リンク
 Copyright(C) 2010 Nippon New Philharmonic Orchestra All Rights Reserved